お見舞い申し上げます

長い長い梅雨が明けました。
豪雨により命を落とされた方、及びご親族様、被災され避難せざるを得なくなってしまった方、皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本日、8月2日はこの夏2回目の《土用の丑の日》だそうです。
1度目は7月21日でした。
そもそも、土用の丑の日というのは夏だけではないのです。
立夏、立秋、立冬、立春直前の約18日間を《土用》といい
土用の期間中に訪れる‘丑の日’が《土用の丑の日》です。

では何故、夏の土用の丑の日に[うなぎ]を食べるようになったのでしょうか?

「万葉集」に
  石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
   よしといふものぞむなぎとり召せ     大伴家持

夏痩せには[むなぎ(うなぎ)]を食べると良いと石麻呂という人に勧めている歌です。 

昔から体調を崩しやすい夏には うなぎ を食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったのですね。
実際にうなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。夏バテ防止にはピッタリの食材と言えるのでしょう。

しかし、うなぎ以外にも名前に[う]の付く食べ物が良いと言う説もあります。
《丑うしの日》の[う]です。例えばうどん、ウリ、梅干し、馬肉、牛肉など。
我が家では、お弁当に[ウ]ィンナーを入れました(^^)/

食欲の無い時には食べやすい物を食べて元気をつけましょう!

新型コロナウィルスに打ち勝つためにも、しっかり食べて免疫力も高めましょう!