プロフェッショナル魂!!

Nさんは、プロカメラマンI氏の個展に行きました。
ギャラリーには、100点ほどの作品が展示され、1通り作品を見終えたときことです。

I氏が「どの作品が気に入りましたか?」

と話しかけてきました。Nさんが気に入った作品を告げると、I氏はそのエピソードを語ってくれました。

国内外のアマチュワ写真家が集まる、撮影研究会の日の事でした。急な雨が降り、屋外での撮影が
できなくなるというハプニングが起きました。

参加者が帰ろうとしたとき、講師だったI氏は機転をきかせ、館内にあった空き缶を利用して、空き缶オブジェ
の作品を完成させました。

その際にI氏がとった作品がNさんの心に響きました。

「プロとして写真を撮る人と、アマチュアの安全圏で写真を撮る人の違いは
、起きた逆境をどうはねのけていくかにある」
とI氏は言いました。

Nさんは、I氏のプロフェッショナル魂に感動するとともに、
自分も仕事に対して(プロ意識持って臨んでいきたい)
と強く望みました!!!