お彼岸について!!

敬老の日から更新が遅れてしまっていました。
さぼっている訳ではありません、あしからず(笑)

もうすでに朝、夜になるとぐっと肌寒くなってきました、皆さん風邪などに注意して
健康管理や手洗い、うがいなど予防をしていきましょう!!

暦はすでにお彼岸です。皆さんはお墓詣りなどは行ってますか?

今日はお彼岸について、ちょっとした豆知識をブログの方で書きたいと思います

お彼岸とは?

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。

春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間

*** 2012年秋のお彼岸の日程 ***
彼岸入り:9月19日
お中日 :9月22日(秋分の日)
彼岸明け:9月25日

それぞれの初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸のあけ」といい、
春分の日・秋分の日を「お中日」といいます。